​~研究員の紹介~

FB_IMG_1605599067948.jpg

代表 髙田奈央

私がクジラ達の観察を行うきっかけとなった出来事があります。

2017年1月、この日は満月でした。

たくさんのクジラ達が、屋久島へやってくる夢を見ました。

その翌日、多くのクジラ達に出逢うことが

​出来ました。

ほとんど同時に、10頭以上のジャンプ!!

あの体験は、一生わすれることができません。

​屋久島の素晴らしい自然は、

​森だけではありません。

​満ちています。

​森が豊かなぶん海もまた生命力に

​観察できました。

2020年1~4月の間には、

​延べ450頭ものザトウクジラを

彼らは冬に暖かな海で繁殖&子育てを行い

​夏には北の海へと餌を求めて移動すると

​言われています。

​行われていませんでした。

北は北海道、南は奄美・沖縄(主に座間味)

での観測が有名です。

​しかし屋久島においての定期観測は、

屋久島はかれらにとって重要な中継地点だと考えられます。

彼らの事をより深く理解するためには、

継続的な観測が必要となってきます。

​クジラ達を知ることにより、

​海の状態がわかり、

それらの大切さを実感します。

海は生命の源であり

私達は地球という惑星に生かされています。

地球上で最も大きな動物が存在する海。

​そのような環境が身近にあり

​全てとの繋がりを感じられる時、

​元気が湧いてきます。

​喜びと嬉しさで身体の奥から

​負担がかからない方法で

​私達は、出来る限りクジラ達への

​寄って来ることがあります。

観察を行うことを決意しました。

この島は、海岸線に深い所があり

​彼らが岸のすぐ側まで

​対話を試みる。

その為、岸からの観察を行うことが出来ます。

​ありのままの彼らを観察し、理解を深め、

FB_IMG_1605599089713.jpg

副代表 吉野佳代子

私は友人の髙田奈央さんと

ヤクシマ・クジラ&イルカ研究所』を

​創立しました。

そのきっかけとなったのが、

彼女の『屋久島でクジラに逢えるんだよ!』

という一言でした。

​それを聞き、翌日には夫と一緒に、

クジラを見ることが出来るポイントへ

​行きました。

そこには、2頭もクジラが来ていました。

​潮を数回吹いた後の2頭同時ジャンプ!!

​その姿を見た瞬間、自然と涙が

​溢れてきました。

​クジラ達と繋がった幸せな時間の

​始まりでした。

​その日を境に、彼らの事を

​もっと知りたくなり、

​海岸線へ通いました。

彼らと対話をしながら観察をしている時、

いつも思うことがあります。

私達は、地球に生かされている。

すべての動物や植物を含む『生命』に

もっと目を向けるべき。

​人間だけが決して特別な存在では

​無いのだという事を。

私達から発信される言葉に、

​少しでも耳を傾けて頂けたら

​嬉しく思います。

7000㎞以上もの距離を旅する彼らが、

これからも安心して屋久島へ立ち寄れる様、

​見守っていきたいと思っています。

received_858208048245883.jpeg

2016年1月2日、私は初めてクジラと

出逢いました。

家族と島をドライブしている時、

突然クジラが

大きなジャンプを

見せてくれました。

海には、こんなにも大きな生き物が、

数多く存在している事を実感。

そして、この地球上の海の豊かさを知り、

感動で胸がいっぱいになりました。

その瞬間、

私はその神秘的な生き物に

魅了されてしまったのです。

彼らの優雅に泳いだり、

力強くジャンプする姿には、眺めているだけで

自分自身が癒され、

平和な気持ちにさせられます。

この美しい海に生きるクジラ達と、

それを見守る私達の時間が、

いつまでも続きます様に。

それが、未来の子供達にも

受け継がれて行く事を、切に願っています。

調査員  高見 宏美