top of page
検索
  • 屋久島クジラ&イルカ研究所

4月25日(観察139日目)

更新日:2023年7月27日


4月25日(観察139日目)

曇りのち雨

東南東の風

最高気温22℃

最低気温13℃

クジラ出現頭数 0頭(出現頭数合計 908頭 553群 親子58群)


今朝は、7時半から調査スタート。

今日もクジラは現れてくれませんでした。

風が、どんどん強風に変化していく。

今日は、尾之間にカヤックを置かせてもらっていたので、

尾之間の区長さんに、お礼を伝えに伺いました。

そうしたら区長さんから

「尾之間をクジラ調査に使ってもらって、ありがとうございます。」と言われました。

感動して嬉しかったです。

区長さんが言うには、昔鬼火たきの時に、クジラを見ている人がいたそうです。

今に限らず・・・クジラは、昔からずっと見る事ができたんだと思います。

ただ、海をずっと見ている人がいなかったから、

みんな知らなかったというだけの事だと思います。

沖縄なんかは、30年以上もクジラの調査をしています。

沖縄で見られているクジラ達が、必ず屋久島近海を通るのです。

磯もんとりの方に、クジラを見た事あるか尋ねてみたりすると・・・

必ず「そんなの昔からいるよ」と言われます。

私達もそう思います。

でも、昔よりはクジラの数は減っているかもしれない・・・

昔の海は、今の海に比べると静かで豊かだったと思うので。

そんな事もこれから分かるかもしれません。


今日もありがとうございます。





閲覧数:2回

Comments


bottom of page