top of page
検索
  • 屋久島クジラ&イルカ研究所

4月18日(観察132日目)


4月18日(観察132日目)

晴れ

南の風

最高気温25℃

最低気温15℃

クジラ出現頭数 11頭 8群(出現頭数合計 906頭 551群 親子58群)


7時から観察スタート。

岬に到着したら、見事なブリーチ!

西にもいる。

そして東へ行ってみたら、1頭いました。

尻尾の模様を見たら、昨日の子ではない。

今度は、南で2頭がブリーチ!

南へ移動してみたら、2頭は親子でした。

テールスラップなどたくさんやってから沖へ移動していきました。




遠くにも2頭がブリーチ。

近くに1頭発見、尻尾の裏が、真っ白。

この子と、9時半~16時まで、ずっと一緒にいました。




今日は、真夏日!暑かったです!

クジラさんの頭は、西へ向いているが、東へどんどん流されていく。

辺りに船がいない時は、クジラは波の流れに身を任せている状態が多く、

ゆっくりしている。

途中、ブリーチやペックスラップ、感動です。

今日は、どこに行ってもクジラ達がいました。

彼らは、静かな屋久島で休憩しています。

出現頭数の合計が、900を超えました!

今年は、昨年より200頭多い。

一昨年より100頭多い頭数となっています。

クジラの数が多くなった???

このクジラの数が増えた?というのは、実は明らかにはなっていません。

なぜかというと、世界中で捕鯨を行っていた時期、クジラの数は激減していたため・・・

捕鯨前のクジラの正確な数などは分かっていないためです。


屋久島にクジラがやって来てくれて、休んでくれるという事は、

クジラは静かで美しい所が好きだからだろうな~

嬉しいです。

クジラ達が、訪れてくれる事によって海が活性化されます。

活性化されると、プランクトンや魚が多くなる。

彼らが存在するだけで、この地球は循環されていきます。



今日は、どこに行ってもクジラ達に会えました。

ピークが戻った感じになりました。


今日もありがとうございました。


閲覧数:1回

Commentaires


bottom of page