検索
  • 屋久島クジラ&イルカ研究所

3月16日(観察90日目)

更新日:2021年5月19日


3月16日(観察90日目)

クジラ8頭(クジラ出現数641頭)

晴れのち曇り

風 北西

波 2m


なんと今日で600頭!

昨年より150頭多い。

クジラが多くいるわけではなく観察時間も朝日から夕陽。

宮之浦に帰らず毎日みていたからかもしれない。

この環境に本当に感謝です。


平内へ行ったら朝日とともに、2頭潮吹き。

それもゆっくり、本当にゆっくり。

ここで遠くで大きなジャンプ。

その時、それを発見した漁船がスピードを出してクジラの近くに・・・

もしかしてホエールウォッチングでしょうか?

クジラは、ジャンプしまくっている・・・


こちらの岸近くには、2頭の親子クジラがゆっくり東へ向かっている。

船は、まったくいない。


そこで感じたのが、あのジャンプしている子が、実はエスコート。

お父さんクジラが、わざとジャンプをして船を引きよせている。

そして、親子をゆっくり、ゆっくりさせるようにして守っている。

理由として、この親子が疲れているのかもしれない・・・など。

船がきたら、きっとリラックスできないとか。

クジラの知恵を今日は感じた日でした。

やっぱり、船の音は、本当にクジラにとっては負担なのだろうと思う。

誰もが岸から見たら、そう感じるだろう。

親子の場合、子供は、5分~10分の息継ぎだから、

すぐに、船に見つかってしまう。

だから、ホエールウォッチングとか、もう受け入れているんだと思う。

でも、エスコートとか兄弟達とかがジャンプしたりして引き寄せて、

親子を守っていることもあるかもね。

クジラ達もみんな人間と同じなんだよね。

知りたい・見たい・泳ぎたい・・・

あまりにもエゴが出すぎてしまうと、動物達、クジラ達の負担になること・・・

本当に知ることが大切。

この海は、みんなの海だから・・・


毎日のように、イルカが岸近くに来ています。

昨日は、ゴンドウではないイルカが!

スジイルカ?マイルカ?がジャンプしていました。

平内~湯泊、中間と広範囲にいっぱいいました。

また、100頭以上だろうな~

流れ藻もやってきているしね。

イルカちゃんも可愛いね。

楽しそうでした。


今日もありがとうございました。








2回の閲覧