top of page
検索
  • 屋久島クジラ&イルカ研究所

2月5日(観察60日目)

更新日:2023年3月27日



2月5日(観察60日目)

曇り

風弱く

最高気温17℃

最低気温9℃

クジラ出現頭数 21頭 12群)(出現頭数合計 341頭 176群)(親子 24群)


今朝は、湾にてクジラの親子がゆっくりしていました。

2時間ぐらいいたかな?子供は水面に何度も出てくるけど・・・

母はゆっくりしている感じで、2時間休んだら西へ移動していきました。

親子が湾で休んでいる事なんて本当にすごい事なんです。

クジラ達は、綺麗で静かな海が好きだから、

屋久島は本当に彼らにとって特別な場所なのです!

子クジラ達も屋久島で育っていってくれてるのがすごい嬉しいです!!


今日は、岸近くにくるクジラ達が多かったです。

あっちにも!こっちにも!嬉しい!




岸近く不思議な傷をつけたクジラに会えました。

あれは!!!

数年前に見たボートのスクリューにあたったクジラの背中の傷の写真を思い出しました。

まさに!!ボートのスクリューに巻き込まれた傷がクジラの背中に・・・

今は元気だけど・・・

人間がそうしたんだね・・・メッセージでした・・・


本当にクジラさんごめんなさい。

元気になってよかったよ~~


やはり静かな海がいいですね。

優しい海がクジラ達にも人間達にもいいですね。

彼らが私達に見せてくれるもの・・・それが海の現実です。

私達に出来ることをやっていきます。

優しい静かな海が保たれるように・・・




クジラと遊ぶイルカさん・・・途中、イルカは狩りが始まってしまい・・・

クジラもお手伝い?しているように見えました。

とにかくクジラとイルカは仲がいいです。


午後は船もなく、とっても静かな海。

クジラさんが流されて休んだりしていました。

移動するときだけ、1頭のクジラが(多分オス)気を使ってメスを次の岸まで送る。

それを3回繰り返していました。

メスのクジラが休んでいる間、オスのクジラは突然遠くに行ったり、

そしてまたメスの様子を見に来て次の岸まで一緒に泳ぐ。

愛を感じました。

彼らは、ゆっくり流されていきました。

本当に凪ていて、船もなく、美しい光の中へ・・・

ただただ身を任せて流されていました。

この環境に感謝です。


今日は、みんな岸近くで本当に楽しかった~


今日もありがとうございました。




閲覧数:0回

Opmerkingen


bottom of page