検索
  • 屋久島クジラ&イルカ研究所

12月22日(観察15日目)


12月22日(観察15日目)

クジラ出現頭数 2頭(出現頭数合計 17頭 9群)

雨のち晴れ

風 北西の風後、北東の風

波 1m

中潮

満潮 9時15分・20時11分

干潮 2時32分・14時51分


冬至の朝。朝日も昇らず真っ暗だった。

灰色の海、暖かい風、海は凪ていた。

東へ行ったが、クジラはいなかったので南へ。

そこのポイントは、15分ぐらい森を歩く。

「私の声をいつも聞いてくれて。大好きだよ~」と、植物たちに話した。

森から出ると、いきなりブロー!!!大きな潮吹き!!!

応えるようにクジラ達がいた。

そして、私の目の前にいたハヤブサ。

ハヤブサと、クジラ達のコンビがまるで絵本のようだった。

泣ける~~~

そしていきなり太陽が雲の隙間から現れ、そして虹まで!

ヤバい!虹とクジラ!!!

すごい!!!





クジラは、どんどん沖へゆっくり移動していった。

よく見たら親子!この背びれの形は見覚えがある!

なんと2日前に見たクジラ達だった。

間違いない。彼らは東へ向かったのが最後だったが・・・

今度は、西へ。まだ生まれて間もないようにも見える。

屋久島に、これからずっといるのか?

トカラの方へ移動していった。

美しい絵本の中のような光景が現実におきていること。

彼らの声が聞こえた。

「すべては大丈夫だよ。」

私は、安堵に包まれた。

本当に幸せすぎる。


今日もありがとうございました。




2回の閲覧