検索
  • 屋久島クジラ&イルカ研究所

1月12日(観察33日目)



NAOが、留守の間、KAYOがクジラ調査をしてくれました。

ありがとう。


★1月4日(観察26日目)

クジラ出現頭数 2頭 1群(カップル2頭)

(出現頭数合計 31頭 16群)

観察時間 7時~17時

晴れ

風 北西の風やや強く

波 1m

大潮

満潮 8時32分・19時41分

干潮 1時52分・14時15分


★1月5日(観察27日目)

クジラ出現頭数 4頭 2群(シングル1頭/親子・エスコート3頭)

(出現頭数合計 35頭 18群)

観察時間 7時~17時

晴れのち曇り

風 北東の風後、東の風やや強く

波 1.5m

中潮

満潮 9時15分・20時28分

干潮 2時36分・15時


★1月6日(観察28日目)

クジラ出現頭数 7頭 3群(親子・エスコート3頭/カップル2組(各2頭))

(出現頭数合計 42頭 21群)

観察時間 8時~17時

曇りのち晴れ

風 北東の風強く後、やや強く

波 1.5m後、3m

中潮 

満潮 9時57分・21時16分

干潮 3時20分・15時47分


★1月7日(観察29日目)

クジラ出現頭数 6頭 2群(親子・エスコート2組(各3頭))

(出現頭数合計 48頭 23群)

観察時間7時~17時

晴れのち曇り

風 北東の風やや強く

波 2m後、1.5m

中潮

満潮 10時39分・22時07分

干潮 4時4分・16時36分


★1月8日(観察30日目)

クジラ出現頭数 1頭 1群(シングル1頭)

(出現頭数合計 49頭 24群)

観察時間 8時~17時

曇り時々雨

風 北東の風

波 1.5m

中潮

満潮 11時22分・23時6分

干潮 4時49分・17時30分


★1月9日(観察31日目)

クジラ出現頭数 8頭 4群

(シングル1頭/親子・エスコート3頭/カップル2頭/親子2頭)

(出現頭数合計 57頭 28群)

観察時間 8時~16時半

晴れ

風 北西の風はじめやや強く

波 1.5m

小潮

満潮 12時7分

干潮 5時37分・18時31分


★1月10日(観察32日目)

クジラ出現頭数 5頭 2群(親子・エスコート3頭/カップル2頭)

(出現頭数合計 62頭 30群)

曇りのち晴れ

観察時間 8時~17時

風 北西の風

波 1m

小潮

満潮 0時17分・12時56分

干潮 6時28分・19時40分


★1月11日 悪天候の為、休み





1月12日(観察33日目)

クジラ出現頭数 6頭 2群(親子・エスコート2組(各3頭))

(出現頭数合計 68頭 32群)

曇り

風 北西の風やや強く

波 3m後、2.5m

長潮

満潮 3時26分・14時43分

干潮 8時42分・21時56分


今朝も夜明け前とともに宮之浦を出発。

7時に東の海へ。

20分経ったら遠く2㎞先で潮吹き。

寒い!こっち来ないかな~と思っていたら・・・

なんとこちらに、どんどん向かってきた。

嬉しい!初め3頭いたが、途中で2頭になった。

エスコートは、よく親子をおいて何処かへ行くことがある。

7時から13時半までゆっくり休む親子。

可愛い♡

船も来ないし、静かな時間だったね。

その後、、テールスラップを始めたと思ったら・・・

遠くに、もう1頭発見?さっきのエスコートっぽい。

合流した。

そして西へいきなり移動し始めました。



 

                 テールスラップ



ブリーチを何度もして美しかった。

嬉しそう!楽しそう!!

そして・・・エスコートが、またいなくなったりしていました・・・

西で、お休み。今日は、ここで寝るのかな?





そして、同時にもう1頭西からやってきました。

そのクジラを東まで追っていったら、なんと3頭!

親子とエスコートだった。

それもまだ赤ちゃん!

可愛い!今日は、ここでお休みかな?

ゆっくり休んでね。


エスコートが、よくいなくなる。

エスコートとは、クジラの旦那さん。

よく親子をおいて何処かに出掛けて行く姿を見る。


NAOが、留守の間、KAYOはおもしろクジラ親子を見たと話してくれた。


親子は、ゆっくりしていたのだが、遊釣り船が近寄って来たので、

親子は、西へ逃げようと移動を始めた。

だけど、遊釣り船は、どうも親子クジラを見たいらしく近くに寄っていく。

そしたら、エスコートが自分を身代わりにし船の注意を自分に引き寄せるように、

潮吹きを何度もし始め常に船の近くにいたそうだ。

そして、親子が船から遠ざかったのを確認したのか、遠くに行った親子の元へ

向かって移動を始め3頭でトカラの方へ。


NAOも同じような出来事を昨年見ました。

エスコートが上手く船の注意を引き寄せて、親子を安全な場所へ逃げさせる。

エスコートの旦那さんの愛を感じました。


船のみなさん、クジラの気持ちになって行動していきましょうね。

クジラに優しくね~

HPにもホエール・ウォッチングのガイドラインを載せました。

詳しくは、こちらです。


クジラガイドライン | ヤクシマクジラ&イルカ研究所 (yakushima-whale.com)


今日もありがとうございました。



1回の閲覧