top of page
  • 屋久島クジラ&イルカ研究所

更新日:6月27日



4月28日(観察144日目)

晴れのち曇り

東の風後、南東の風

18度から25度

クジラ出現頭数 0頭(出現頭数合計 844頭 567群 親子46群)


今朝は、5時45分からクジラ調査。

空がすごかった。

まずは天頂環という虹が暈の上の部分になり、

幻日も出た。

すごい!パワフルでした。




こんな虹が出るときは嵐が来る予報だね。

ひーちゃんは、東で観察、私は途中、家の草取りしたり、

海に入ったりして西でずっと観察していましたが、

今日はクジラさんには会えませんでした。



クジラニュース

豪の海岸で160頭のクジラが打ち上げられる。

地元住民が救出作戦決行



たくさんの人間が一生懸命を海に返そうとしました。

その中で122頭は無事に救出できたが、

38頭は残念ながら死んでしまいました。


「なぜこのクジラが集団で打ち上げられてしまったかということ。

救助活動にも加わった海洋環境研究グループのメンバーは、

ゴンドウクジラの社会性が関係しているとみています。

というのも、ゴンドウクジラは群れの仲間が病気やケガになったときに、

互いに気配りをみせることがよくあるそう。

今回打ち上げられたクジラのなかには、

生まれたばかりの赤ちゃんがまぎれていたそうで、

この赤ちゃんクジラが海岸近くで、

なんらかの危機に見舞われ、

それを助けようと仲間のクジラも集まって、

こんな事態に発展してしまったのかもしれないと言います。」


クジラたちは絆がすごい強いんだよね。

そして人間が一緒懸命クジラを助けて、

種をこえての救出!すばらしいです。


もう一つ、

こちらは私もずっと見守っていたニュース!


バンクーバ島北部で、シャチのお母さんが打ち上げれて、

母は死んでしまいました。

そのシャチの子供は、ずっとそばに一か月ぐらいいました。

それは人間と同じ母を亡くした子供の気持ちと同じです。

母から離れようとしないのです。

地元やネイテイブアメリカンの方々は、

いろんな方法で救出をこころみましたが、

すべてうまくいきませんでした。

しかし一昨日、やっとラグーンから出ていきました!

無事にポット(家族)と会うといいですね。



みんなで協力しあってシャチを海に返そうする人間の行為。

みな動物たち私たちと同じです。

共存は始まっています。


今日もありがとうございます。



閲覧数:0回
  • 屋久島クジラ&イルカ研究所

更新日:6月27日



4月27日(観察143日目)

雨のち曇り時々晴れ

北北東の風

18度から22度

クジラ出現頭数 0頭(出現頭数合計 844頭 567群 親子46群)


今朝は早朝からクジラ調査。

クジラはいませんでした。


今日は永田ゴミ掃除のため、

帰ってきて午後から観察ですが・・・

クジラはいませんでした。




先週に続き友人の中馬君が、

今週もゴミ拾いをやるということで、

私、ひーちゃん、健太、そして永田のくみちゃんで参加しました!

中馬君たち+環境省のボランティアパークの方々が来られて大人数!



先週は三人だけで、めちゃくちゃ大変だったけど、

みんなでやると一瞬できれいになる。




すごい雨の中でしたが、たまに小ぶりにもなったり。




山道もリレー方式!早い。

そして、中馬君達と環境省のボランテイアパークの方々が、

クリーンサポートセンターまで、ごみを運んで行ってくれました。

本当にありがたいありがとうございます。

参加させていただいてありがとうございました。




終わった後は、私とひーちゃんと健太はまた浜へ。

いきなりご褒美のように晴れてきた!

そして美しい浜にあんなにごみがあったのにない。

うれしいよ。

これでウミガメたちも安心してここちよく産卵できるし、

たくさんの海洋生物たちが助かったのにちがいないね。

感謝。感謝!




最後は健太と海に潜って、

不思議な生物に出会ったり、

大きなアオウミガメさんがお昼寝!

それも岸近く。

今日産卵かな?

あといままで一番大きなゴブシメがいた!


だけどウエットが2.5ミリで寒すぎました。

手が震えすぎて映っていない。

あまりにも寒いので最後は陸を歩いた。

「5ミリでしょ」って健太に言われた。

確かに、こんなに寒くなるとは・・・

長く泳ぎすぎたか。笑


昨日ひーちゃんを誘ったら、

「海にいっぱい元気をもらっているから恩返しをしたい」って話していた。

感動した。

これこそエネルギー循環。

私たちは、海や自然に生かされている。

自分のできる、エネルギー循環をすれば地球は元気になる。

自分ができることだね。

ありがとう。

閲覧数:0回
  • 屋久島クジラ&イルカ研究所

更新日:6月27日



4月26日(観察142日目)

雨のち曇り

北東の風

16度から22度

クジラ出現頭数 0頭(出現頭数合計 844頭 567群 親子46群)

イルカ 20頭


今朝は7時から見ていました。

途中、ひーちゃんとKAYOが見てくれて、

私はその間にカヤックを港に置かせてくれた

区長さんに、感謝の気持ちを伝えに行ってきました。

とても喜んでいました。

本当にありがとうございました。

おかげでソングもたくさんとれました。


今日はクジラはいませんでしたが

西のほうに、イルカ20頭ほどがいました。

KAYOが見つけてくれて・・・

南からやってきて西にゆっくり向かっていました。


今日は途中家の草取りにも行ったら、

猿が屋根にいっぱいいた。

それものぞいているのよ。

かわいい。

去年同じころにきていたので、

何かおいしいお目当てがあるんだね。

ただ里の猿はたくさん駆除されている為、

怯えているようにもみえた。


いつか人間も猿も鹿も共存できるように・・・

まず、クジラから伝えていくよ。

みんなが、この地球の住人だから・・・


また海に戻った。

クジラがいないときは、

3月15日のクジラソング音源をひたすら聞いています。

聞きながらクジラを探している。

草取りでかなり疲れていたが、

やっぱりクジラソングを聞いていると、

細胞もまた元気になっていく。

クジラの歌はやっぱりすごいね。

そしてこの3月15日の音源は、

本当にミラクルでした。

カヤックの上からもクジラの声が聞こえたほど大きな声。 

聞いているだけでハッピーになる。

クジラたちからギフトでした。

今年は二つのクジラソングを準備中です。

お楽しみ。


そう。昨日ニュースでトカラの口之島で、

韓国のタンカーが座礁したと言っていた。

4月16日に座礁した。

ザトウクジラは、もう北にむかっているが、

海洋生物、ウミガメやイルカなどがいるから、

もう本当に祈るしかないね。

みんな大丈夫のように。

油やシクロヘキサンが、海に浄化されますように。

愛を送って祈っています。


今日もありがとう。

閲覧数:0回
bottom of page